エピソード2

偏差値以下でも良い

中学受験で学校を選択する時に偏差値で考える人がいるのですが、それは良くないです。特に偏差値が低いから低い学校を受けるという考えに注意しましょう。

確かに勉強の知識がある程度無いとその中学受験に受けても合格する確率は非常に少ないです。そして、奇跡的に入学できたとしてもやっていけない場合があります。しかし、偏差値がある程度高くても挑戦して必ず合格できないというわけではないので注意しましょう。偏差値の数値が低い=合格できないという考えはしないようにしてください。

そもそも中学校で出されている偏差値ですが、ある程度予測して出された数値になります。要するに、情報を獲得する時に50の数値の中学校となっていても、それ以下やそれ以上の場合がかなりありますので注意です。故に、案外中学受験をすれば合格できる場合があります。

それに、偏差値が低くても子供の知識が数値以上になっていることがあります。ですから、高いところは無理と考えずに中学受験に挑戦をしてみるのも良いです。ただし、無理に高いところを中学受験しろとは言いません。明らかに知識量が少ない状態で高い学校に受験をしても合格は難しいです。ですが、数値だけで考えるのは良くないのでよく考えて選びましょう。